<スポンサーリンク>

魚のさばき方 タチウオ

魚のさばき方 タチウオ

ワンポイント

タチウオはウロコがなく、銀色のグアニン層で体全体が覆われている。 さばくときはグアニン層をそのままにして、適当な大きさに切り分けてさばき始める。 中骨を残すときは、背ビレを取っておこう。背ビレから中骨へと延びる骨が鋭く、これがあると食べにくい。

材料

タチウオ

1 タチウオは頭を落として内臓を取り除き、さばきやすいように30cmほどの長さに切る。

タチウオは頭を落として内臓を取り除き、さばきやすいように30cmほどの長さに切る。

2 背ビレの際から刃先を入れて、中骨まで切れ目をつけていく。

背ビレの際から刃先を入れて、中骨まで切れ目をつけていく。

3 中骨の盛り上がった箇所に刃先を沿わせて切り進む。

中骨の盛り上がった箇所に刃先を沿わせて切り進む。

4 そのまま刃先を骨に沿わせて反対側(下身)を切り離す。

そのまま刃先を骨に沿わせて反対側(下身)を切り離す。

5 タチウオをひっくり返して、先ほどと同様に背ビレの際から包丁を入れて中骨まで切れ目を入れる。

タチウオをひっくり返して、先ほどと同様に背ビレの際から包丁を入れて中骨まで切れ目を入れる。

6 そのまま下身に刃先を入れて中骨から切り離す。

そのまま下身に刃先を入れて中骨から切り離す。

7 身の下側に残った腹骨をそぎ落とす。

身の下側に残った腹骨をそぎ落とす。

8 背ビレを簡単に取り除く方法①
背ビレの際に包丁を入れて切れ込みを入れ、反対側も同様の処理を施す。刃を入れる深さは1〜1.5cmが目安。

背ビレを簡単に取り除く方法①
背ビレの際に包丁を入れて切れ込みを入れ、反対側も同様の処理を施す。刃を入れる深さは1〜1.5cmが目安。

9 背ビレを簡単に取り除く方法②
背ビレの端を包丁で押さえ、身を引っ張って背ビレを引き抜いていく。

背ビレを簡単に取り除く方法②
背ビレの端を包丁で押さえ、身を引っ張って背ビレを引き抜いていく。

10 背ビレを簡単に取り除く方法③
たったこれだけで、背ビレがこんなにキレイ簡単に取り除ける。

背ビレを簡単に取り除く方法③
たったこれだけで、背ビレがこんなにキレイ簡単に取り除ける。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

<おすすめコンテンツ>

最新号

週間釣果情報&潮汐表

<スポンサーリンク>

お魚レシピ

レジャーフィッシング the netのスマートフォン版を見る