<スポンサーリンク>

マダコの下処理(さばき方〜茹でる)

マダコの下処理(さばき方〜茹でる)

ワンポイント

内臓を取り除いてぬめりをしっかり取り、茹でるまでがタコの下処理。 タコを釣った日にさばく時間がない場合は冷凍庫へ入れよう。 タコは冷凍しても風味や味が変わりにくく、冷凍することでぬめりもとりやすくなる。

材料

マダコ

1 タコの頭を裏返して内臓を取り除く。

タコの頭を裏返して内臓を取り除く。

2 内臓のなかのエラ(ササメ)は珍味として知られている。塩茹でや煮付けにするといい。

内臓のなかのエラ(ササメ)は珍味として知られている。塩茹でや煮付けにするといい。

3 大きめのボウルにタコを入れて、たっぷりの塩を使ってぬめりを取り除く。片栗粉でも塩の代用になる。

大きめのボウルにタコを入れて、たっぷりの塩を使ってぬめりを取り除く。片栗粉でも塩の代用になる。

4 塩でもみ洗いする。吸盤は特に汚れがつきやすいので丁寧に洗う。

塩でもみ洗いする。吸盤は特に汚れがつきやすいので丁寧に洗う。

5 流水できれいに洗う。

流水できれいに洗う。

6 鍋に水を入れて湯を沸かす。水1リットルに対して酒と醤油各100mlを加える。

鍋に水を入れて湯を沸かす。水1リットルに対して酒と醤油各100mlを加える。

7 タコは足からゆっくり入れる。湯の温度を下げないように、足を数回出し入れしてから頭を鍋に入れる。

タコは足からゆっくり入れる。湯の温度を下げないように、足を数回出し入れしてから頭を鍋に入れる。

8 身をひっくり返して熱を通す。800gのタコなら、再沸騰してから3分ほど茹でてから引き上げる。

身をひっくり返して熱を通す。800gのタコなら、再沸騰してから3分ほど茹でてから引き上げる。

9 茹でたタコを乾かす。足の根元に切れ目を入れると、より乾きやすくなり、足がまっすぐ伸びて切り分けやすい。

茹でたタコを乾かす。足の根元に切れ目を入れると、より乾きやすくなり、足がまっすぐ伸びて切り分けやすい。

10 【ボイル】茹でた後は皮の弛んだ部分をカットしておくと、よりおいしくいただくことができる。

【ボイル】茹でた後は皮の弛んだ部分をカットしておくと、よりおいしくいただくことができる。

11 【炙り】下処理をしたタコを炙ってコゲ目をつける。足の皮は取り除いておく。

【炙り】下処理をしたタコを炙ってコゲ目をつける。足の皮は取り除いておく。

12 【しゃぶしゃぶ】食べる分だけ足をカットして、弛んだ皮を取り除く。鍋に湯を沸かしてさっとくぐらせる。

【しゃぶしゃぶ】食べる分だけ足をカットして、弛んだ皮を取り除く。鍋に湯を沸かしてさっとくぐらせる。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

<おすすめコンテンツ>

最新号

週間釣果情報&潮汐表

<スポンサーリンク>

お魚レシピ

レジャーフィッシング the netのスマートフォン版を見る