<スポンサーリンク>

チヌのアラの潮汁

チヌのアラの潮汁

ワンポイント

アラはそのままお吸い物にしてもいいのですが、少し焼き目を入れて香ばしくすることで旨みが引き立ちます。火を通しさえすれば、後の工程はとても手軽なのもおすすめのポイントです。チヌの生臭さがどうしても苦手な人は、塩を振った後、10〜20分置き、臭みと一緒に洗い流しましょう。そして次は本命の塩を振り、焼きます。

材料

チヌ35〜40cmの主にアラを使う

しょうゆ
好みで三つ葉やネギ、大葉

1 チヌを3枚におろす。おろした魚を料理酒に5〜10分漬けて臭みを取る。残ったアラにしっかり塩を振り、塩焼きにする。

チヌを3枚におろす。おろした魚を料理酒に5〜10分漬けて臭みを取る。残ったアラにしっかり塩を振り、塩焼きにする。

2 焼き方は、アルミホイルに乗せてトースターでもグリルでもよい。

焼き方は、アルミホイルに乗せてトースターでもグリルでもよい。

3 アラについている身を食べた後、残った部分を器に入れる。熱湯を注いで1分。魚の旨みがたっぷり凝縮した潮汁ができる。味が薄い場合はしょうゆをたしてもいい。

アラについている身を食べた後、残った部分を器に入れる。熱湯を注いで1分。魚の旨みがたっぷり凝縮した潮汁ができる。味が薄い場合はしょうゆをたしてもいい。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

<おすすめコンテンツ>

最新号

週間釣果情報&潮汐表

<スポンサーリンク>

お魚レシピ

レジャーフィッシング the netのスマートフォン版を見る