<スポンサーリンク>

魚の基本的な下処理

魚の基本的な下処理

ワンポイント

ウロコを取って、エラと内臓を取り除けば調理の第一段階は完了。釣った魚をすぐに食べない場合でも、この下処理だけは済ませておくと、後の調理が楽になる。この状態で1匹丸ごと使って、塩焼きや煮付け、酒蒸しなどでおいしくいただける。

材料

マダイ、チヌ、アジなど、魚全般

1 片手でしっかり魚の頭部を押さえて、尾ビレから頭に向けてウロコ取りを動かしてウロコを取る。

片手でしっかり魚の頭部を押さえて、尾ビレから頭に向けてウロコ取りを動かしてウロコを取る。

2 頭の周りやヒレの付け根は細かいウロコが残りやすいので念入りに。両面のウロコを取り除くこと。

頭の周りやヒレの付け根は細かいウロコが残りやすいので念入りに。両面のウロコを取り除くこと。

3 エラブタを広げて刃先を入れ、中骨からエラの付け根を切り離す。

エラブタを広げて刃先を入れ、中骨からエラの付け根を切り離す。

4 エラブタから肛門まで刃先を入れて腹を割く。

エラブタから肛門まで刃先を入れて腹を割く。

5 刃先を使ってエラと内臓をかき出す。

刃先を使ってエラと内臓をかき出す。

6 エラを引っ張れば一緒に内臓も取り出せる。

エラを引っ張れば一緒に内臓も取り出せる。

7 内臓とエラがあった場所をしっかり水洗いする。

内臓とエラがあった場所をしっかり水洗いする。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

<おすすめコンテンツ>

最新号

週間釣果情報&潮汐表

<スポンサーリンク>

お魚レシピ

レジャーフィッシング the netのスマートフォン版を見る