お魚レシピ 「メバルの唐揚げ」

<スポンサーリンク>

メバルの唐揚げ

メバルの唐揚げ

ワンポイント

骨が硬い大きなメバルではなく、15cmまでのメバルに適した料理(基本的に小型メバルはリリースしたいものの、針を飲んでいる場合は生きられないので)。オリーブオイルとあわせれば洋風、ゴマ油なら中華風といろいろな楽しみ方ができる。

材料

メバル 数匹、塩 大さじ1、小麦粉 適量、もみじおろし 適量、ポン酢 適量、レモン 適量、ネギ 適量

1 メバルの背ビレの先と、エラブタにあるトゲをハサミで切り取る。ウロコはとらなくてもよい
メバルの背ビレの先と、エラブタにあるトゲをハサミで切り取る。ウロコはとらなくてもよい
2 メバルのエラに指をかけて内臓と一緒に引き抜く。飲み込んだ針が出てくることもあるので注意
メバルのエラに指をかけて内臓と一緒に引き抜く。飲み込んだ針が出てくることもあるので注意
3 背ビレに沿って包丁を入れて口のところまで切っていく。背ビレの左右に包丁を入れ、背ビレを残した背開きにする
背ビレに沿って包丁を入れて口のところまで切っていく。背ビレの左右に包丁を入れ、背ビレを残した背開きにする
4 メバルの内臓は臭みがあるので、流水でよく洗い流す。メバルがたくさんある場合は、水洗い後にラップして冷凍しておけば、いつでも唐揚げが作れる
メバルの内臓は臭みがあるので、流水でよく洗い流す。メバルがたくさんある場合は、水洗い後にラップして冷凍しておけば、いつでも唐揚げが作れる
5 大さじ1の塩を入れた700ccの水に5~10分つけた後、水で余分な塩分を洗い流す
大さじ1の塩を入れた700ccの水に5~10分つけた後、水で余分な塩分を洗い流す
6 キッチンペーパーで両面の水分をよく取っておく
キッチンペーパーで両面の水分をよく取っておく
7 メバル全体によく小麦粉をまぶした後、余分な粉をはたいて落とす
メバル全体によく小麦粉をまぶした後、余分な粉をはたいて落とす
8 メバルを開いた状態で、低温(160℃前後)の油に入れ、焦がさないように注意しながら、骨までよく揚げる
メバルを開いた状態で、低温(160℃前後)の油に入れ、焦がさないように注意しながら、骨までよく揚げる
9 中まで火が通ったらいったんメバルを取り出し、油の温度を190℃前後まで上げる
中まで火が通ったらいったんメバルを取り出し、油の温度を190℃前後まで上げる
10 高温の油で、カラッとキツネ色になるぐらいまで揚げる
高温の油で、カラッとキツネ色になるぐらいまで揚げる
11 メバルの頭部に塩を振りかけ、盛りつけて完成。ポン酢にもみじおろしを入れたタレを添える。何もつけずに食べてもおいしい
メバルの頭部に塩を振りかけ、盛りつけて完成。ポン酢にもみじおろしを入れたタレを添える。何もつけずに食べてもおいしい

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

ページの先頭へ戻る