お魚レシピ 「ツバスのしゃぶしゃぶ鍋」

<スポンサーリンク>

ツバスのしゃぶしゃぶ鍋

ツバスのしゃぶしゃぶ鍋

ワンポイント

 脂がよくのった魚の味をくどいと感じるなら、しゃぶしゃぶにすると食べやすくなる。しゃぶしゃぶは夏に焼肉が売れないための対策として考えられたものであり、本来は夏の料理とされている。だし汁が煮え立った鍋に身を数回くぐらせて、ポン酢やごまダレでいただこう。  ツバスとはブリの子どもの呼び名。20cmクラスがツバス、40cmクラスはハマチ、60cmクラスでメジロ、80cmから1m以上に成長したものをブリと呼ぶ出世魚。ツバスやハマチは波止や磯からのカゴ釣りやメタルジグで狙うことができる。

材料

ツバス、昆布(だし汁用)、
タレ(ポン酢、ねぎ、大根おろし)、
あしらい(白菜、水菜、にら、春雨など)

1 頭とわたを落とし、骨に沿って包丁を入れる
頭とわたを落とし、骨に沿って包丁を入れる
2 背側も骨に沿って包丁を入れて、反対側の身も同様に切っていく
背側も骨に沿って包丁を入れて、反対側の身も同様に切っていく
3 腹骨の部分は硬いのでしっかり魚を支えて切る
腹骨の部分は硬いのでしっかり魚を支えて切る
4 尾側の身は最後に切り離す
尾側の身は最後に切り離す
5 腹骨を切り取り、身をさらに半分に切り分ける
腹骨を切り取り、身をさらに半分に切り分ける
6 身の中心にある小骨を切り取る
身の中心にある小骨を切り取る
7 尾のほうから包丁を入れ、皮の端を引っ張って身から皮を離す
尾のほうから包丁を入れ、皮の端を引っ張って身から皮を離す
8 斜めに包丁を入れて、やや細長く切り分け、皿に盛り付ける
斜めに包丁を入れて、やや細長く切り分け、皿に盛り付ける

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

ページの先頭へ戻る