テナガエビの釣り方

<スポンサーリンク>

釣りの基礎知識:テナガエビの釣り方

テナガエビとは

テナガエビ 手長エビ

本州、四国、九州の川の中流から河口域にかけて生息しているエビで、名前の通り長い2本の手(鋏脚)が特徴。オスの方が大きくなり、長く大きな鋏脚を持っているのはオスの成体。夜行性が強く、昼間は岩や水草など障害物の下にいることが多い。肉食性で水生生物や小魚などを食べる。

 

 

テナガエビの釣り場

河川の中流域から河口の汽水域まで幅広く生息している。狙いやすいのは消波ブロックや捨て石周り。特に日中はこれらの陰に集まっているのでポイントを絞りやすい。

テナガエビ 手長エビ 釣り

護岸際の消波ブロックは好ポイント

テナガエビ 手長エビブロックの陰にテナガエビ発見!

 

テナガエビの仕掛け

《テナガエビのウキ釣り仕掛け》

玉ウキ(小型ウキ)を使ったウキ釣り仕掛けならウキで仕掛けの位置やエビのアタリがわかるので初めての人にもおすすめ。ハリスが細くハリも小さいのでハリス付きのハリが使いやすい。ハリスはブロックなどで傷がつきやすくヨレも付くのでハリス止めやサルカンで道糸と直結してこまめに交換しよう。糸・ウキ・ハリなどすべてがセットになったテナガエビ仕掛けも販売されているので仕掛けを作れない初心者でもテナガエビ釣りに挑戦できる。

テナガエビは川底のエサを食べているので、まずサシエが川底に着くようにウキ下(ウキからハリまでの長さ)を調整する。まずオモリが底に着いてウキが水面に寝るぐらいまで深くウキ下を長くする。そこからウキが立つ=オモリが底から少し離れるところまでウキ下を短くしていく。オモリをウキが沈むぐらいまで重くし、ウキを水面から1〜5センチほど沈めて釣ってもいい。

 

ノベサオは1.5〜2.4メートルほどの小物釣り用。足元を釣る時は短め、高い所や少し沖を狙う時は長めを選ぶ。

手長エビ テナガエビ ダイワ ひなた

ダイワ『ひなた』は0.75m〜2.71mまで全9アイテムが揃った小物ノベサオ。たたむと24.5cm(全アイテム)とコンパクトになるので持ち運びも便利。

 

テナガエビのエサ

ミミズやアカムシ、ゴカイ(イシゴカイ、アオムシ)などの虫エサがよく使われる。アカムシ以外は小さく切ってハリに刺す。虫エサが苦手な人はイカやカニカマ、魚肉ソーセージ、冷凍エビや釣れたテナガエビの身を使っても釣れる。

テナガエビ エサ

 

 

釣り方

テナガエビが潜んでいそうな消波ブロックの間などにサシエを入れたら食ってくるのを待つ。アタリはウキが横にフラフラと動いたり、浮き上がったり、時には沈めたりと色々だが、どのアタリも早アワセは禁物。テナガエビはエサをハサミで挟んで、口まで持っていって小さなハサミを使って食べる。一気にエサをくわえる魚と違って、テナガエビは早アワセするとハサミで挟んでいるだけなので簡単にバレてしまう。10〜30秒ほど待ってエサを口に持って行かせてからあげるのがテナガエビを釣るコツだ。

テナガエビ

ウキがゆっくり動いたらアタリ。アワセのタイミングがわからないときはウキが止まるのを待ってからゆっくり仕掛けを上げてみよう。エビが掛かったらピョンピョンと跳ねる独特の引きが伝わってきたら抜きあげる。

 

テナガエビ 手長エビ釣り

魚とは違うピョンピョン飛び跳ねるような引きを楽しみながら抜き上げよう。釣れたテナガエビはすぐにハリからはずして

 

おいしく食べる泥抜き

釣ったテナガエビをすぐに食べると臭いが気になることも。おいしく食べるコツは活かしたまま持ち帰って、きれいな水にしばらく入れて泥吐きさせること(泥抜き)。方法は大きめの容器(クーラーやバケツ)に水道水を入れてエアレーション(ブクブク)しながら半日〜数日置いておくだけ。半日程度でも効果があるのでお試しを。泥抜きの時、浅い容器ではテナガエビが逃げ出すこともあるのでフタをしておいた方がいい。またあまり長期間すると共食いを始める。

手長エビ テナガエビ 泥抜き

 

泥を吐かせたらエビの水分をよく拭きとって素揚げや唐揚げにするとおいしく食べられます!(※水気が残っていると熱い油が飛び跳ねるので注意)

テナガエビ 料理

 

 

ダイワ(Daiwa) ロッド ひなた 8尺

 

 

<スポンサーリンク>

ページの先頭へ戻る