<スポンサーリンク>

釣りの基礎知識:ライトショアジギング基本編

ショア(岸)からメタルジグをキャストして主に青物を狙うのが「ショアジギング」。

ここでは防波堤や護岸から小・中型の青物を狙う「ライトショアジギング」のベーシックテクニックを紹介。

ショアジギングロッドだけでなくシーバスロッドでもショアジギングを楽しめます。

 

 

《ルアーについて》

 

ショアジギングと言っても、メタルジグ以外にミノー、ポッパーやペンシルなどのトップルアーも使われます。

ただ、これからショアジギングを始めるなら飛距離が出て海底から表層まで対応できるメタルジグからスタートするのがオススメ。

 


メタルジグの重さは、ライトショアジギングでは20〜40gがメイン。

使用するロッドのルアーウエイト(ブランクに○〜○gと表記)に合わせて使うメタルジグが決まります。

この範囲の中で何gを買うか悩んだ時は、ロッドの使用可能なウエイトの範囲の中で最も軽いものと重いものを用意。

実際にショアジギングをしているうちにそのポイントでよく使うウエイトがわかってきます。


フックはメタルジグにトリプルフックがセットされている場合はそのままで使えますが、

トリプルフックがセットされていないときは別途にアシストフックを購入してメタルジグの前部にセットします。

トリプルフックが装着されている場合でも、アシストフックを前部にセットした方がヒット確率が高くなります。

 

《タックルについて》

 

ロッドはライトショアジグロッドやシーバスロッドで、スピニングリールの3000〜4000番と組み合わせて使用します。
ラインは細くて引張強度のあるPEライン1〜2号で先端に4〜5号(16〜20lb)のフロロカーボンかナイロンのリーダーを1.5mほど結束します。

PEラインは擦れに弱いので必ず先端にはリーダーを付けます。
PEとリーダーの結束はノーネームノットが覚えやすく強度もあってオススメ。

器具を使って簡単に強度のある結びができるPRノットもオススメ。

人気のFGノットは最初は難しく感じるが、マスターするとノーネームノットよりも早く結ぶことができますよ。

 

PEとリーダーの結束の詳しい解説はこちらから

 

 

 

《釣り方》

 

青物は表層から底層まで幅広いエリアを回遊しているため、その時にどのタナにいるかによって狙う層が変わってきます。


・中層〜底層
基本的にはこの層を狙います。

まずメタルジグをできるだけ沖にキャストし海底までフリーフォール。

着底したらすばやくロッドをあおってメタルジグを海底から浮かせます。

海底が岩礁帯だと着底後に根掛かりすることが多いので、沈む時間をカウントダウンして着底前に動かすとメタルジグのロスト率を下げられます。


着水からの最初のフォール中、魚がメタルジグを負っていることがあり、着底からのすばやい動きがヒットにつながることもあります。

ロッドをあおってメタルジグを浮かせたらそのままロッドを1回シャクるごとにハンドルを1回転する「ワンピッチジャーク」でメタルジグをアクションさせながら引いて(浮かせて)きます。
ある程度巻いてもヒットしないときはハンドルを止めて再度メタルジグをまた海底までフォール。

この時にヒットすることもあるので海底近くでフォールさせる時はカーブフォール、

中層から沈める場合はPEラインを軽く指で抑えながらのフリーフォールすることでアタリを捉えられる確率が増えます。
着底したら再度ワンピッチジャークを繰り返します。

 

 

 

・表層〜中層
青物が中層〜表層にいる時は、リールを巻くだけのタダ巻きも有効。

竿をあおりながらリトリーブしてくる「ジャカジャカ巻き」もアピール力が高く有効です。

表層にナブラがわいている時はチャンスですが、メタルジグはナブラより沖に投入して巻いてくること。

ナブラを直撃すると驚いて沈んでしまうことがあるので注意してください。

 

 

アタリがない場合は狙うタナやリトリーブスピード、ジャークの大きさを変えるのも大切です。

アタリはアクション中はガツーンとロッドに重みが伝わってくるので即アワセをいれます。

ジャークがアワセになる場合もあります。フォール中は変化を感じたら大きくアワセをいれましょう。

 

青物の引きは小型でも強烈でショアジギングの醍醐味のひとつです。ぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

海&川 61魚種の136種類の仕掛けを掲載
仕掛けガイド 西日本版
 

 

 

<スポンサーリンク>

最新号

(2016年12月5日発行)
レジャーフィッシング2017年1月号

シーズン初期は爆釣の期待大!


行こうぜ!! メバル釣り

次号予告

◆特集◆

ターゲットは無限大
マイクロテンヤを楽しもう!

週間釣果情報&潮汐表

お魚レシピ

レジャーフィッシング the netのスマートフォン版を見る