釣りエサガイド 活エサ編

<スポンサーリンク>

釣りの基礎知識:釣りエサガイド 活エサ編

アオムシ

アオムシ画像

アオムシ(投げ・ウキ・サグリ・船)/ 飼育と養殖が容易なことからもっとも多く流通している虫エサ。安価に入手できて持ちがよく、海中でくねくねとよく動く。投げ、ウキ、サグリ、船など、いろいろな釣りで重宝する。釣れる魚もさまざまで、チヌ、スズキ、カサゴ、アナゴ、ハゼなど。釣具店では太めと細めを扱っているので、狙う魚に応じて購入する。朝鮮半島からインドにかけて分布しており、中国から輸入されている。体色が緑のアオムシと赤みがかったアカイソメは同種である。○その他の呼び名:アオゴカイ(和名)、アオイソメ、チョウセンゴカイ

 


イシゴカイ

イシゴカイ画像

イシゴカイ(投げ・ウキ・サグリ・船)/ アオムシ同様に流通量が多いため手軽に入手できる虫エサ。価格はアオムシと比べるとやや高い。体長は5〜10cm。頭に近い部分は黒ずみ、それ以外は淡い紅色をしている。日本各地の内湾や河口近くの砂利浜などに多くいて、潮が引いたときなどに採取できる。いろいろな釣りで多魚種を狙うことができ、アオムシとの違いは身が細くて魚が食い込みやすいところ。おもな対象魚はキス、メバル、ハゼ、スズキなど。○その他の呼び名:イシイソゴカイ(和名)、岩デコ、スナムシ、ジャリメ、海ゴカイ

 


タイムシ

タイムシ画像

タイムシ(投げ・船)/ マダイに効果があるとして古くから使われている虫エサ。数が採れずに養殖も難しいことから高価なエサとして知られている。体長30〜90cmになる大型種で本州中部以南の砂泥底に生息しているが、中国からも輸入されている。標準和名はアカムシで、その名のとおり鮮やかなだいだい色をしている。タイムシからはハラクロムという色素が分泌されており、このにおいをマダイが好むという。投げや船でマダイを狙うときに使われる。○その他の呼び名:アカムシ(和名)

 


チロリ

チロリ画像

チロリ(投げ)/ キス釣り通には必須の虫エサ。身が軟らかくて動きに特徴がある。ネライストキシンという物質が皮膚から分泌され、キスはこのにおいを好むようだ。日本各地の砂泥底に分布するが生息量は激減しており、近年は中国から輸入されている。体長は10〜40cm。体は乳白色だが内部の臓器がピンク色に透けて見える。キス釣りのシーズンだけ置いている釣具店がほとんど。価格はアオムシなどと比べると高め。○その他の呼び名:ナガギボシイソメ(和名)、東京スナメ、カタニギリ、ナガムシ

 


ホンムシ

ホンムシ画像

ホンムシ(投げ・ウキ・サグリ)/ 体長30cm近くになる大きな虫エサ。日本各地の内湾の岩礁帯に多く、軟質の泥岩などでは深い穴を掘ってすんでいる。近年は採れる量が減少しており、大部分は中国から輸入されている。海中でくねくね動くことはないが、独特のにおいがある。多くの魚がこのにおいを好むのか、エサ盗りの被害にあうことも多い。カレイやアイナメ、大型のキス、チヌやマダイの投げ釣りなど、サイズのよい魚を狙うときに使われる。価格はやや高め。○その他の呼び名:イワムシ(和名)、マムシ

 


水ゴカイ

水ゴカイ画像

水ゴカイ(投げ・ウキ・サグリ)/ イシゴカイに似ているが、さらに軟らかくて水っぽいため魚の食い込みは非常によい。ただし身切れしやすいのでキャストするときは要注意。軟らかい磯竿を使うとよい。河口の汽水域に生息して低塩分に強い。体長は5〜12cm。体色は薄い紅色で体の中央にある血管が薄く透けて見える。スズキやハゼなどの好エサ。地堀りのエサで地元で流通する程度なので出回る期間は短く、扱っている釣具店は少ない。○その他の呼び名:ヤマトカワゴカイ(和名)、川ゴカイ

 


クモガニ

クモガニ画像

クモガニ(サグリ・落し込み)/カニは多くの魚が捕食しており釣りエサとしての実績も高い。チヌやカサゴ、アコウも釣れる。クモガニは小型のカニで甲の幅は1cm程度。チヌの落とし込み釣りで欠かせない。内湾の干潟や河口の砂底に群れで生活しており、クモの子を散らすように逃げるせいか、釣り人からはクモガニの名で呼ばれる。和名のコメツキガニのほか、スナガニやマメガニとも呼ばれる。比較的エサ盗りに強く、甲が軟らかく食い込みがいい。

 


アナジャコ

アナジャコ画像

アナジャコ(投げ)/アナジャコは体長3~10cmの甲殻類で、内湾の泥や砂泥底に深い巣穴を掘ってすむ。北海道から九州まで広く分布し、伊勢湾や有明海などは特に多い。ボケに似ているが、体が黒褐色で大きなハサミを持たない。大物狙いやエサ盗りをかわすために投げ釣りでよく使われる。チヌやスズキ、ウナギなどがターゲットとなる。漁師は1本釣りやはえ縄でマダイやスズキ狙いのエサとしても使う。○その他の呼び名:ゲンダ、カメジャコ、赤シャコ、ボケ

 


ボケ

ボケ画像

ボケ(投げ・かかり)/アナジャコの仲間で体長は3〜5cmのボケ。スナモグリとニホンスナモグリの総称。ハサミの大きさは左右で異なる。投げ釣りでの大物を狙いやチヌのかかり釣りで使う。○その他の呼び名:ニホンスナモグリ(和名)、テジロ

 


コウジユムシ

コウジユムシ画像

コウジ・ユムシ(投げ)/口の小さな魚にかみちぎられにくいことから、エサ盗りにめっぽう強い。チヌやスズキなどの大型魚をターゲットにした投げ釣りで使われることが多い。コウジはおもに瀬戸内海に多く、有明海などにも生息している。白っぽいオレンジ色をしてサイズはやや大きい。ユムシは北海道から九州に分布して、海底の砂泥の中にU字状の穴を掘ってすんでいる。ユムシ、コウジ、スーパーコウジは色や大きさによって分けられているが、分類学的にはユムシ(和名)であるとされている。中国産のスーパーコウジと呼ばれる型の大きなコウジもある。

 


シラサエビ

シラサエビ画像

シラサエビ(ウキ・サグリ・エビ撒き)/ウキ釣りやエビ撒き釣りでメバルやスズキを狙うときのサシエとしてよく使われる。海中でピンピンとよく動いて魚を誘う一方でエサ盗りにもやられやすい。河川や湖沼にすむテナガエビの仲間で、体には半透明で黒色の筋があって5cmほどに成長する。シラサエビは、琵琶湖などの国内で採集されたスジエビ(和名)と中国から輸入されたカラテナガエビ(外来種)の総称である。○その他の呼び名:スジエビ(和名)とカラテナガエビ(外来種)の総称、モエビ

 


ブツエビ

ブツエビ画像

ブツエビ(サグリ・エビ撒き)/水面に撒くと暗い場所をめがけて一直線に潜る習性があり、底近くにいる魚を浮かせて釣るときに有効。メバルやスズキのエビ撒き釣り用のマキエとしてよく用いられる。ミナミヌマエビ近縁種(外来種)の総称であり、中国から輸入されている。シラサエビと比べると小さく、サイズは3cmほど。ヌマエビは体がほぼ透明。ミナミヌマエビは体色が黒っぽく、背に黄白色の筋がある。○その他の呼び名:ミナミヌマエビ近縁種(外来種)の総称

 

 

エビの動き

 


シロウオ

シロウオ画像

シロウオ(ウキ・サグリ・船)/スズキ目ハゼ科のシロウオは半透明で全長5cmほど。メバルやカサゴ用のエサ。冷凍物も販売されている。サケ目で体長10cm前後になるシラウオと混同されることがある。写真は冷凍したもの

 

 

 

 


 

<スポンサーリンク>

ページの先頭へ戻る