危険な魚たち

<スポンサーリンク>

釣りの基礎知識:危険な魚たち


ロゴハオコゼ

写真ハオコゼ

カサゴに似ているが背びれに毒棘を持ち、刺されると数時間にわたって痛みが続く。素手(手袋含む)で触らず、フィッシュプライヤーなどではさんでハリを外してリリースしよう。投げ釣り、ウキ釣りなどのエサ釣りでよく釣れる。瀬戸内海ではカナコギとも呼ばれる。

 


ロゴフグ

写真フグ

瀬戸内海などでよく釣れるのはクサフグ。トゲなどは無いが強い歯を持っているのでハリを外す時に噛まれないように注意が必要。内蔵や皮、種類によっては身にも強い毒を持っているので釣れたフグを食べるのは厳禁。

 


ロゴアイゴ

写真アイゴ

瀬戸内海で見かけることが多くなった魚。大きいものは40cmを超え、引きが強く、本命にする人もいるが、背ビレ、腹ビレ、尻ビレなどに毒棘があり、刺されると猛烈に傷む。釣ったときに毒棘をすべてハサミで切り取り、内臓をすべて出して持ち帰ろう。

 


ロゴアカエイ

写真アカエイ

河口や沿岸の海底に生息していて、ルアーや投げ釣りに時おりヒットする。大きいものは取り込めずラインブレイクに持ち込まれることもある。長い尾に毒棘を持っており、刺されると激しく痛み入院が必要な場合もある。尾を振り回してくるので釣り上げた際は不用意に近づかないこと。

 


ロゴゴンズイ

写真ゴンズイ

小型の黒い身体に黄色のシマ模様、ヒゲがあってナマズのような愛嬌のある顔だが、背ビレと尾ビレに毒棘を持っている。素手で触るのは厳禁。このヒレは薄い靴底ならばあっさり貫通するほど硬いので釣り上げたあとうっかり踏まないように。

 


オニオコゼ

オニオコゼ写真

岩礁帯に生息している。背びれに毒棘があり、強い毒を持っている。刺されると患部が腫れ上がり長時間激しく痛む。やけどしない程度の50度程度のお湯に刺された部分を浸けておくと早く痛みがやわらぐが、病院で治療を受けよう。

 


ロゴウミケムシ

写真ウミケムシ

投げ釣りによく掛かる多毛類。身体を覆う細く長いトゲずべてが毒棘。この棘は折れやすく、皮膚に刺さると折れて皮膚に残る。針から外したらすぐにリリースしよう。

 


ロゴその他

写真その他

毒などはないが、扱いに注意したい魚もいる。タチウオはその代表で、鋭い歯を持っており、かまれると大ケガをすることもある。イカの口、カマスの歯やスズキやマダイ、グレなどのエラも不用意に触るとケガにつながる。

 


<スポンサーリンク>

ページの先頭へ戻る